使うものにこだわって

夫も私も肌が弱いのが悩みです。
シャンプーやスキンケア製品など肌に付けるものを新しく購入するときは、とても緊張します。
低刺激と書かれているものでも全部が肌に合うわけではありません。

 

洗剤選びも、同じように苦労しています。
食器洗い用の洗剤は、洗浄力が弱くなってしまいますが、肌荒れしにくい石けん成分が主なものを極力選んで使っています。

 

また、衣類用の洗剤も肌に優しいものを選ぶようにしています。
一般的に売られている衣類用の洗剤では、汗をかくとかゆくなることがあるからです。

 

そこで、食器洗い用の洗剤で使っているような、石けん成分が主な原料のものを使うようにしてみました。
すると、肌に合っていたようで、チクチクするようなかゆみは減ってきました。
というわけで、ここ数年は石けん成分の洗剤を使っています。

 

使い始めて嬉しかったのは、肌に優しいこと以外に、柔軟剤を入れなくてもふんわるすることです。

 

ただ、夫のワイシャツの襟や袖口の汚れはこの洗剤だけでは落ちにくいので、前もって丁寧に部分洗いをする必要があります。
子どもの食べこぼしの汚れも同じです。
こういう手間がかかることは面倒だと感じますが、それでも肌に合っているものを使っていこうと思います。

 

手作りスクラブで優しく角質を除去

家にあるものを使って、手軽に美容ケアをするのが最近の私の趣味になっています。

 

今日は、ヨーグルトと塩を使ってスクラブ剤を作ってみました。
ヨーグルトにも塩にも、余計な角質を取り除く効果が期待できます。

 

作り方は簡単で、ヨーグルトと塩を混ぜるだけです。
このスクラブ剤で、ひじとひざの角質層を定期的に取っていきます。

 

手作りしたスクラブ剤をお風呂場に持って行って、体を洗う前にひじとひざの角質取りをしていくのが定番の方法です。

 

あまり力を入れずに、優しく円を描くようにマッサージをしていきます。
スクラブ剤をつけた直後は塩のザラザラ感が強いのですが、マッサージをしていくうちにだんだんとザラザラ感が消えていきます。
なめらかな感触になったら、角質取りは終了です。

 

1か所につき1分も時間をかけていないと思いますが、これだけでも十分効果はあります。

 

角質取りをした後は、いつも通りに体を洗ってお風呂から出ます。

 

そして、角質取りをした箇所に、化粧水と乳液をつけます。
角質を取った後の肌は乾燥しやすくなっているので、このケアは欠かせません。

 

このような方法で、月に2回のペースで角質取りをしています。
家にあるものでいつでも手軽にできるので、これからも続けていくつもりです。

 

育毛剤デビューしました

最近、髪のボリュームが減ってきました。
全体的なボリュームもそうですが、特に前頭部 薄毛が気になります。
ブローするときも、いかにふんわりさせるかということで悩みます。

 

そんな調子で髪にコンプレックスを抱えて生活していたのですが、毎日のことなので疲れてしまいました。
そこで、育毛剤を初めて使ってみることにしました。

 

ドラッグストアで育毛剤を探してみると、思っていた以上に種類があっててビックリしました。
男性用のものが中心なのかと思っていましたが、女性用のものもかなりの数がありました。

 

いろいろと見ている中で、肌のタイプによって使い分けが必要だということがわかりました。
顔と同じく、頭皮にも、乾燥肌タイプとオイリー肌タイプがあって、自分の肌に合ったものを使うのが、育毛剤の効果を実感できる早道なのだそうです。

 

いくつか自分の肌質に合ったものを見つけて、その中からさわやかな柑橘系の香りがするものを購入してみました。

 

お風呂上りに育毛剤を頭皮につけて、軽くマッサージをした後、ドライヤーで髪を乾かしました。
使い終わった後は、頭皮がスッキリして気持ちがよかったです。

 

1本を使い切るころには、何かしらいい効果が出ていればいいなと思います。